あこがれの街・銀座

おのぼりさんと言われてもかまいません!一度でいいから「銀ブラ」がしてみたい!というのが、わたしのささやかな夢でした。大学入学を機に上京しましたが、学生の間はお金もなく、とても銀ブラができる状況ではなく、銀座は敷居の高い街でした。やっとこのごろになって銀座という街に行っても、自分が浮かないようになったような気がします。銀座のシンボルと言えばやはり和光の時計台です。和光をぶらぶらして、木村屋總本店銀座本店で桜あんぱんを買い、コンランプロデューICONICでランチして、銀座・伊東屋や鳩居堂でお気に入りの文房具や便せんを買うのが定番コースです。特に目的はこれといってなく、あとはまさに銀座をぶらぶらします。老舗もあれば新しいお店もある銀座は本当に優雅な気分になれる街です。時間に余裕があればディナーも食べて帰りますが、あまり時間がないときは銀座のデパートのデパ地下で食料調達して帰ります。子供たちも、私が作る夕飯よりも喜ぶので、複雑です。

 

ページの先頭へ